「おらんだ正月」とグレゴリオ暦

日本暦学会会報の最新号 pp.4-5に、

“「おらんだ正月」とグレゴリオ暦”(石原幸男氏)

という記事を見つけました。その p.5 の表によれば日本の暦での冬至が、
18世紀末にグレゴリオ暦12月21日に同期しています。

これをちょっと when_exe gem で再現計算してみました。
明和の修暦以降42年間の冬至とそのグレゴリオ暦・ユリウス暦での日付です。

require 'when_exe'
include When

date = when?('明和08.01.01')
# date = when?('1771-01-01^^ChineseLuniSolar?time_basis=+09&intercalary_span=3')
42.times do
 ws = date.term(270)
 p [ws, When::Gregorian ^ ws, When::Julian ^ ws] #=>
# [明和08(1771).11.17, 1771-12-22, 1771-12-11]
# [安永01(1772).11.27, 1772-12-21, 1772-12-10]
# [安永02(1773).11.08, 1773-12-21, 1773-12-10]
# [安永03(1774).11.19, 1774-12-21, 1774-12-10]
# [安永04(1775).11.29, 1775-12-21, 1775-12-10]
# [安永05(1776).11.11, 1776-12-21, 1776-12-10]
# [安永06(1777).11.22, 1777-12-21, 1777-12-10]
# [安永07(1778).11.03, 1778-12-21, 1778-12-10]
# [安永08(1779).11.14, 1779-12-21, 1779-12-10]
# [安永09(1780).11.26, 1780-12-21, 1780-12-10]
# [天明01(1781).11.07, 1781-12-21, 1781-12-10]
# [天明02(1782).11.17, 1782-12-21, 1782-12-10]
# [天明03(1783).11.28, 1783-12-21, 1783-12-10]
# [天明04(1784).11.10, 1784-12-21, 1784-12-10]
# [天明05(1785).11.20, 1785-12-21, 1785-12-10]
# [天明06(1786).11.01, 1786-12-21, 1786-12-10]
# [天明07(1787).11.12, 1787-12-21, 1787-12-10]
# [天明08(1788).11.24, 1788-12-21, 1788-12-10]
# [寛政01(1789).11.05, 1789-12-21, 1789-12-10]
# [寛政02(1790).11.16, 1790-12-21, 1790-12-10]
# [寛政03(1791).11.26, 1791-12-21, 1791-12-10]
# [寛政04(1792).11.08, 1792-12-21, 1792-12-10]
# [寛政05(1793).11.19, 1793-12-21, 1793-12-10]
# [寛政06(1794).11.29, 1794-12-21, 1794-12-10]
# [寛政07(1795).11.11, 1795-12-21, 1795-12-10]
# [寛政08(1796).11.23, 1796-12-21, 1796-12-10]
# [寛政09(1797).11.04, 1797-12-21, 1797-12-10]
# [寛政10(1798).11.15, 1798-12-21, 1798-12-10]
# [寛政11(1799).11.25, 1799-12-21, 1799-12-10]
# [寛政12(1800).11.07, 1800-12-22, 1800-12-10]
# [享和01(1801).11.17, 1801-12-22, 1801-12-10]
# [享和02(1802).11.28, 1802-12-22, 1802-12-10]
# [享和03(1803).11.09, 1803-12-22, 1803-12-10]
# [文化01(1804).11.21, 1804-12-22, 1804-12-10]
# [文化02(1805).11.02, 1805-12-22, 1805-12-10]
# [文化03(1806).11.13, 1806-12-22, 1806-12-10]
# [文化04(1807).11.24, 1807-12-22, 1807-12-10]
# [文化05(1808).11.06, 1808-12-22, 1808-12-10]
# [文化06(1809).11.16, 1809-12-22, 1809-12-10]
# [文化07(1810).11.26, 1810-12-22, 1810-12-10]
# [文化08(1811).11.07, 1811-12-22, 1811-12-10]
# [文化09(1812).11.18, 1812-12-21, 1812-12-09]
 date += P1Y
end

なるほど。

ユリウス暦での日付が見事に揃っています。1800年からグレゴリオ暦の日付が
変わるのは、紹介した記事にもあります通り1800年が平年だったからです。

上記のように日付が揃うのは、ここで計算している修正宝暦暦と寛政暦の
平気の冬至がたまたま同期したからです。コメントアウトしている「# date」[1]
の行を生かして定気の冬至を用いると、この同期は崩れてしまいます。
18世紀末頃は定気の冬至が平気の冬至より 0.3 日ほど遅いためです。

 → 2015-04-28 平気の冬至と定気の冬至

[1] 'ChineseLuniSolar?time_basis=+09&intercalary_span=3' は、
  時間帯として日本中央標準時を用いる定朔定気の太陰太陽暦
  (置閏は天保暦方式)

[関連記事] 2021-04-04 「複数の暦法の中心差を比較し可視化する手法の補足

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント