スラウェシ島の洞窟壁画

日経サイエンス最新号でもう一つ気になった記事が

>インドネシアで見つかった最古の洞窟壁画
http://www.nikkei-science.com/202005_062.html

スラウェシ島の洞窟壁画というと、

>インドネシアのスラウェシ島の更新世の洞窟壁画の年代
https://sicambre.at.webry.info/201410/article_12.html

という非常に詳細なブログ記事が見つかりますが、前者で
話題の洞窟壁画は2017年発見とのこと。

年代は35100~43900年前ころ

特徴的なのは、

>数人の想像上の人物が実在の動物を狩りしている様子を描いた
“物語アート”だと解釈されたこと。

この解釈には異論もあるようですが、もし解釈どおりだとすると、
発見された“物語アート”としては世界最古の可能性が高い由。

日経サイエンス最新号

日経サイエンス最新号の特集は、先月号の予告では「超巨大噴火」
だったのですが、これは翌月号送りとなり「新型コロナウウイルス」
「宇宙の化学進化」に差し替わっていました。

>病原体の実像に迫る
3月25日発売なのにこの記事は3月12日現在執筆ということで大変
機動的な編集のようです。

p.30
>今回のコロナウイルス感染症は、最初のWHOへの報告から1か月で
>世界規模の問題へと拡大した。しかし、その同じ1か月で人類は
>既に配列やタンパク質の立体構造を解明し、根拠に基づく治療薬
>の候補を洗い出し、治療薬やワクチンの研究に必須のウイルス
>粒子を分離するところまでこぎつけた。

頼もしいことです。

# p.41 の広告に『瀕死の統計学を救え!』あり

朔旦冬至

 2014-12-26 朔旦冬至・朔旦新年・遷宮周期

の関連の話題

hosi.org の暦注検索では太陰太陽暦の時代の朔旦冬至しか検索できません。

そこでスクリプトで最近の朔旦冬至を調べるスクリプトを示しておきます。

require 'when_exe'
include When

lunisolar = Calendar('Japanese')
(1975...2100).each do |year|
 gd = tm_pos(year, 1, 1, 0, 0, tz:'Asia/Tokyo').term(270)
 lsd = lunisolar ^ gd
 p [gd, lsd] if lsd.day == 1 #=>
# [1984-12-22T01:22+09:00, 1984-11-01T01:22+09:00]
# [1995-12-22T17:16+09:00, 1995-11-01T17:16+09:00]
# [2014-12-22T08:03+09:00, 2014-11-01T08:03+09:00]
# [2052-12-21T13:17+09:00, 2052-11-01T13:17+09:00]
# [2090-12-21T18:45+09:00, 2090-11-01T18:45+09:00]
end

↑こんな感じになります。

2014年の1メトン周期後の2033年は朔旦冬至ならぬ
晦日冬至で、次の朔旦冬至は2メトン周期後の2052年
です。

五輪と祝日

オリンピックの「延期」に伴い気になる標題の件

現時点で検索すると、

>オリンピック中止・延期なら、海の日、スポーツの日、山の日はどうなる?
https://news.yahoo.co.jp/byline/maedatsunehiko/20200324-00169393/

>東京五輪延期で「休日大移動」再び?情報システムに及ぼす影響とは
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/03813/

などしか見つかりません。

議論はこれからですから当然ですが、注視しなければいけない。

[前回記事] 2018-06-03 2020年の祝日配置(続き)

動画画質制限

 2020-03-14 リモート○○

| 最近目立っている「リモート会議」「リモートワーク」「リモート学習」
| などについて bookmarks から比較的新しいものを拾ってみました。

この件で直近に問題となっているのが、多くの人がこれまでにないほど動画を
送受信することによる通信インフラの圧迫と、ユーザのコスト負担のようです。

このため、もうすでに

>Netflixやアマゾンら、欧州で動画配信の画質を抑制--通信量の削減要請を受け
https://japan.cnet.com/article/35151184/

>YouTube、全世界で配信動画の画質を「標準」に制限--ネット負荷軽減策
https://japan.cnet.com/article/35151297/

のような動きが出ている。

これは、個人的には、

 2016-12-11 ビデオの整理

| そろそろ現在の形式での録画も限界に来つつあるのかもしれません。
| かといって、なかなか VOD への乗り換えも進みませんが…

VOD への乗り換えにブレーキをかけるという、まったく予想外の影響を
及ぼすことになるかもしれません。

『映像研には手を出すな!』

今クールもそろそろ終わりますが、結局録画したアニメで
実際に見たのは標題の『映像研には手を出すな!』だけでした。

自分はクリエーターではないですが、たぶんクリエーターの人
には“あるある“というポイントがたくさんあったのでは
ないでしょうか。

とくに金森さんが新鮮で、あまり取り上げられることの少ない
“プロデューサー“の役割の重要性がよくわかります。

「作中作」は作中でいくら持ち上げても、描いてしまうと
そのクォリティ―は「作」を超えられませんから取り扱いが
難しいです。思い返すと、

 2018-09-18 『重版出来!

などで紹介した『重版出来!』は「作中作」を詳しく描かず、
微妙なところでとどめることで、この問題をうまく処理して
いました。

機械翻訳(新サイト)

ここ数日話題の https://www.deepl.com/

>「DeepL翻訳」が日本語対応、「自然な訳文」と話題に 独ベンチャーが開発
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2003/23/news093.html

日→英
https://twitter.com/Perfect_Insider/status/1241652572324159488

中→日
https://twitter.com/nzm/status/1241728563297931265
https://twitter.com/nzm/status/1241732892209733637

などの使用例を拾いました。

 2017-01-19 Google 翻訳

| p.189
|>(IV.1-8)は,Hの場が与えられたとき,任意に空間に曲面を考えたとき,それを
|>貫いて流れる電流の量を決定するものであるから,(IV.1-2)とは逆に磁場の方
|>から電流を求める式だと考えることができる.
|
|をそのまま英訳してみると、
|
|>(IV.1-8) determines the amount of current that flows through it
|>when arbitrarily considering a curved surface in the space given H,
|>so (IV.1-2) ) Can be thought of as an expression for obtaining
|>the current from the magnetic field.

で昔やった文章[1]をちょっと試してみたのが下記↓

>Since (IV.1-8) determines the amount of current flowing through
>a curved surface in space, given a field of H, we can consider
>it as an expression to obtain the current from the magnetic field,
>contrary to (IV.1-2).

今回の翻訳は、もともと日本語の方がちょっと不自然だった

|>任意に空間に曲面を考えたとき,それ

も「とき」に惑わされず頑張って翻訳しているようです。

[1] 高橋秀俊『電磁気学