Science からの引用

今回の拙論では、William A. Saturno, David Stuart, Anthony F. Aveni, Franco Rossi
“Ancient Maya Astronomical Tables from Xultun, Guatemala” Science, 11 May 2012
pp.714-717 の Fig.3(pp.716) を引用することを検討しましたが、規定
 http://www.sciencemag.org/site/about/permissions.xhtml#perm
を見ると許諾に最悪3週間かかるようで間に合わないと判断して断念しました。

著作権法では、一般に引用は、
1) 出典を明記して改変しないこと
2) 論旨の中で従であること
など判例で明確化されている条件を満たせば、許諾は必要ないそうです。

したがってこの許諾は、法律的には、著作権ではなく“個別の契約”による制約と
位置づけられるのでしょう。

直接購読契約をしていればその購読契約に当該条項も含まれるでしょう。
国会図書館の場合は複製目的を「調査・研究のため」と申告するので、出版物に引用すると
目的の逸脱なのでしょう。図書館をこのようなトラブルから免責にするための知恵ですね。

今回利用した図書館では国会図書館のような申告は不要でしたので、
結局“個別の契約”がいつ成立したかはよくわかりません。

ちょっと残念だったので記録に残します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック