suchowan's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 宣明暦での昼夜の長さ

<<   作成日時 : 2017/04/10 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

宣明暦での昼夜の長さは、高麗史[1]に収録された宣明暦に、

 倍夜半定漏加五刻為夜刻

とある[2]ので、その直前の表の夜半定漏で計算できるとわかります。

夜半定漏から昼夜の長さを計算すると、

 冬至 二十七刻四十分 → 夜 : 59.80刻 昼 : 40.20刻
 夏至 十七刻四十四分 → 夜 : 39.88刻 夜 : 60.12刻

冬至と夏至で昼夜が逆転しているわけではなく昼が少し長い。

これはちょっと謎です。ひょっとすると太陽の見かけの大きさを
考慮しているのでしょうか?

[1] 新唐書の中の宣明暦にも夜半定漏は記載されているのですが、
  どう使って昼夜の長さを計算するかは書いていません。

[2] 下の画像の左下4行目


[2017-05-18 追記]
 訂正をごらんください → 2017-05-19 宣明暦での昼夜の長さ(訂正)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宣明暦での昼夜の長さ suchowan's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる