アクセスカウンタ

suchowan's blog

プロフィール

ブログ名
suchowan's blog
ブログ紹介
suchowan's Home Pageの管理人のブログです

《ピン留めブログ記事》
 2016-02-07 凡例 - ブログ記事へのリンク
 2016-02-05 アクセスの多いブログ記事
 2016-02-04 クローズできてないブログ記事 - アイデアの行方
《ブログ テーマ リソース》
When.exe: demo(mirror) / wiki / gems / code / note
普遍単位系: 要約 / wiki / 和文 / 英文 / 変換
《論文・エッセイ等より》(原稿のため雑誌とずれがあるものあり)
暦法は世界をめぐるか(『国際交流』第99号,2003)()
マヤの暦は2012年の終焉を予言していたか(『歴史読本』2012年10月号,2012)()
具注暦の時刻表記について(『日本暦学会』第20号,2013)() - (集録,2016)
「七千年ノ後僅ニ一日」の謎(『日本暦学会第21号,2014) (→訂正) - (集録,2016)
コラム「2033年問題」(『暦の大事典』,2014,pp.407-409)
When.exe Ruby版(『漢字文獻情報處理研究』第15号,2014)
貞享暦の日行盈縮と定朔(『日本暦学会』第22号,2015) (→訂正)
貞享暦のオリジナリティに関するノート(『日本暦学会』第23号,2016)
江戸時代の暦 復元ワークショップ(『日本暦学会』第23号,2016)
2033年問題はどのように知られてきたか(『日本暦学会』第24号,2017)
zoom RSS

「XYZ色空間」

2017/05/24 00:00
「色」に関してはこのブログでは何回か記事にしていますが、
直前の記事は、

 2017-02-17 色覚関係の解説記事

でした。

少し前に Qiita で面白い記事を見つけたのでメモしておきます。

>XYZ色空間に迫る(1)
http://qiita.com/Ushio/items/203f16ad1e23fd42231c

>XYZ色空間に迫る(2)
http://qiita.com/Ushio/items/7a5d80612796c4bcfca6

>Yに最大視感効率(Km)をかけるだけで測光量になる
これはうれしいですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


統計とイメージのギャップ

2017/05/23 00:00
>最近話題の「図書館の記念誌切り取り事件」って
>「前からあったが、今注目されたんで一斉多発に見える」話では?
>伝説の「ガードレールに刃物!」や「立春に卵が立つ!」と同じく。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20170520/p1

銀行のATM利用時に、もう何年も前から

> 最近ATMに関わる犯罪が増えています

と毎回音声アナウンスがあるのですが、もし本当にずっとそうだったら、
現状、すごいことになっているはず。

凶悪犯罪も昭和20〜30年代に比べれば、頻度は実際には下がっている由。

報道されることによって実態とは乖離して増えた様に感じるということは
確かにあるかもしれません。

それで対策(とやるべきことの優先順位)を誤ってはならないです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ソシオマトリクス(さらに続き)

2017/05/22 00:00
>経産省の若手の人たちがまとめた資料の「なんとかしないとヤバい感」がすごい
https://togetter.com/li/1111830
http://www.meti.go.jp/committee/summary/eic0009/pdf/020_02_00.pdf

問題意識はあるのでしょうが、世の中というのはマトリクスになっているので、
もし一部だけを取り出して解決しようという発想になってしまうと、無理が
出そうです。

2016-03-22 『「文系学部廃止」の衝撃』(続き)でも、

“全体”を見渡したシミュレーションが必要

と書いた。

ロールとなるネットワークのノードや矢印を整理して、数値的な分析に持ち込み、
「この一部を変えると他の何がしがこうなる」というのを可視化することを考え
ねばなりません。

[関連記事]
 2013-06-27 ソシオマトリクス
 2013-06-28 ソシオマトリクス(続き)
 2016-03-22 『「文系学部廃止」の衝撃』(続き)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


退位特例法案閣議決定

2017/05/21 00:00
>天皇退位、特例法案を閣議決定 今国会成立へ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS19H09_Z10C17A5MM0000/

>特例法案の成立後は、政府による新元号の選定や公表手続き、
>改元の時期などに焦点が移る。

「新元号の選定や公表手続き」というのが一番気になるところです。

できるだけ影響が軽減できるように元号のないデザインのカレンダー
が普及するという現象が起こるかもしれません。

そういったことも含めて、社会的にどのような反応があるかを
観察するのは、文化人類学的実験のようで興味深いです。

[前回記事] 2017-05-07 新元号の公表・適用時期
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『御堂関白記』デジタルイメージ(さらに続き)

2017/05/20 00:00
2016-01-13 『御堂関白記』デジタルイメージ(続き)で書いた、

| 2015-12-20 『御堂関白記』デジタルイメージの件
|
| 国会図書館の端末で http://hosi.org/cookies にアクセスして、
| 「データセット」欄に“example-datasets”と設定し、確かに
| 『御堂関白記』デジタルイメージにリンクしていることを確認
| してきました。

先日、国会図書館に行った際、端末からアクセスしようとしたら
hosi.org 自体にアクセスできませんでした。

スマートホンからはアクセスできるので hosi.org が落ちている
わけではないはず。

国会図書館の館内から外部へのアクセスに制限がかかるように
なったのかもしれません。

これは不便ですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


宣明暦での昼夜の長さ(訂正)

2017/05/19 00:00
 2017-04-10 宣明暦での昼夜の長さ
 2017-04-11 宣明暦での昼夜の長さ(続き)
 2017-05-14 昼夜の長さ

| 宣明暦での昼夜の長さは、高麗史に収録された宣明暦に、
| 
|  倍夜半定漏加五刻為夜刻
| 
| とあるので、その直前の表の夜半定漏で計算できるとわかります。
| 
| 夜半定漏から昼夜の長さを計算すると、
| 
|  冬至 二十七刻四十分 → 夜 : 59.80刻 昼 : 40.20刻
|  夏至 十七刻四十四分 → 夜 : 39.88刻 夜 : 60.12刻

これはひどい勘違いでした。

×  冬至 27+40/100 → 夜 : 59+80/100 昼 : 40+20/100
×  夏至 17+44/100 → 夜 : 39+88/100 夜 : 60+12/100

     ↓

〇  冬至 27+40/84  → 夜 : 59+80/84  昼 : 40+ 4/84
〇  夏至 17+44/84  → 夜 : 40+ 4/84  夜 : 59+80/84

となって、冬至と夏至では反転するというのが正しい。

よって、太陽の視半径の出番はない。

お粗末様でした m(_ _)m
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「先生はなぜ休憩がとれないのか?」

2017/05/18 00:00
>「教師の一日」労基法の休憩 記載されず
>先生はなぜ休憩がとれないのか?(内田良)
https://news.yahoo.co.jp/byline/ryouchida/20170507-00070707/

関連過去記事は、

 2016-03-19 『「文系学部廃止」の衝撃』
 2016-03-22 『「文系学部廃止」の衝撃』(続き)
 2016-03-23 『「文系学部廃止」の衝撃』(補足)
 2016-04-12 高い負の相関
 2016-11-09 経済対策
 2016-11-26 教育とAI技術
 2017-05-08 法律の独り歩き

くらいかな?

他業種から大学以外の教員への転職は少ないのではないかと思います。
そうすると、その世界に閉じた“常識”ができて、何が異常かに気が
付かなくなってしまう。

[追記]
 タイムリーにこんな話題も出ていますね。
 https://twitter.com/Hungry_Yayoi/status/863703802943229952
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

suchowan's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる