アクセスカウンタ

suchowan's blog

プロフィール

ブログ名
suchowan's blog
ブログ紹介
suchowan's Home Pageの管理人のブログです

《ピン留めブログ記事》
 2016-02-07 凡例 - ブログ記事へのリンク
 2016-02-05 アクセスの多いブログ記事
 2016-02-04 クローズできてないブログ記事 - アイデアの行方
《ブログ テーマ リソース》
When.exe: demo(mirror) / wiki / gems / code / note
普遍単位系: 要約 / wiki / 和文 / 英文 / 変換
《論文・エッセイ等より》(原稿のため雑誌とずれがあるものあり)
暦法は世界をめぐるか(『国際交流』第99号,2003)()
マヤの暦は2012年の終焉を予言していたか(『歴史読本』2012年10月号,2012)()
具注暦の時刻表記について(『日本暦学会』第20号,2013)() - (集録,2016)
「七千年ノ後僅ニ一日」の謎(『日本暦学会第21号,2014) (→訂正) - (集録,2016)
コラム「2033年問題」(『暦の大事典』,2014,pp.407-409)
When.exe Ruby版(『漢字文獻情報處理研究』第15号,2014)
貞享暦の日行盈縮と定朔(『日本暦学会』第22号,2015) (→訂正)
貞享暦のオリジナリティに関するノート(『日本暦学会』第23号,2016)
江戸時代の暦 復元ワークショップ(『日本暦学会』第23号,2016)
2033年問題はどのように知られてきたか(『日本暦学会』第24号,2017)
zoom RSS

「本質」と「方便」

2017/06/24 00:00
 2012-11-01 かけ算には順序があるのか
 2016-05-31 かけ算には順序があるのか(さらに続き)
 2016-06-02 膠着語と孤立語
 2016-06-06 単位の変換
 2016-11-24 単位の扱い

この系列の最新の話題

https://twitter.com/kikumaco/status/877515401357254657

リンク先の pdf からもう少し広い範囲を引用してみると…

新指導要領解説 算数(2)

p.114

>ここで述べた被乗数と乗数の順序は,「一つ分の大きさの幾つ分かに当たる大
>きさを求める」という日常生活などの問題の場面を式で表現する場合に大切にす
>べきことである。
 …
>このとき,上で述べた被乗数と乗数の順序が,この場
>面の表現において本質的な役割を果たしていることに注意が必要である。「プリ
>ンが5個ずつ入ったパックが3パックあります。プリンは全部で幾つあります
>か。」という場面との対置によって,被乗数と乗数の順序に関する約束が必要で
>あることやそのよさを児童に気付かせたい。
 …
>なお,「4×100mリレー」と表すように英語圏などでは順序が日本と逆になっ
>ている場合があることに注意して,外国籍の児童の指導に当たるようにする。

ところが興味深い記述を発見

新指導要領解説 算数(1)

p.22

>「数学的な見方・考え方」については,これまでの学習指導要領の中で,教科
>目標に位置付けられたり,評価の観点名として用いられたりしてきた。今回,小
>学校算数科において育成を目指す資質・能力の三つの柱を明確化したことによ
>り,「数学的な見方・考え方」は,算数の学習において,どのような視点で物事
>を捉え,どのような考え方で思考をしていくのかという,物事の特徴や本質を捉
>える視点や,思考の進め方や方向性を意味することとなった。

…で、「かけ算の順序は本質か?」という質問を投げれば、No であることは自明

なぜなら、本質であるならば英語圏と日本で順序が逆になることはあり得ない。

では、「順序そのもの」ではなく「順序が存在すること」が本質か?→これも No

詳しくは、すでに

 2016-06-02 膠着語と孤立語

に書いたので、そちらをご覧ください。

結局 何が本質かとなると、「量」と「数」の違いはなにかに行き着く。

この文脈では、「量」にはロールが付随していて、それを取り去って抽象化した
ものが「数」だということ。

孤立語的な発想 : ロールを、その「量」を配置する位置であらわす。
膠着語的な発想 : ロールを、「量」に接尾辞のように「単位」をつけてあらわす。

小学校2年次では「単位」は未履修[1]なので、孤立語的な発想が便利だというだけのこと。

便利というのがすなわち「方便」です。
「方便」を「本質」と見誤ると話がおかしくなる。

これも一昨日の、

>昔、通産省があった頃、そこの東大卒のキャリア官僚に、同期でも文部省と
>外務省組は、だんだん話が通じなくなってきた、と聞いた事がある。

の一例かな?

[1] 「単位」の概念を系統的に理解するには、先だって「除算」を理解していな
   ければならないので「かけ算」自体の単元では使うことができないのです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


‘The Origin of the Moon’

2017/06/23 00:00
 2015-10-02 ジャイアント・インパクト説
 2015-10-05 「月をつくる」
 2016-09-23 「月をつくる」(続き)
 2017-01-17 月の起源、「巨大衝突」ではなかった?

この系列の話題の最新のまとめを発見しました。

The Origin of the Moon by Takanori Sasaki
https://speakerdeck.com/noinoi79528/the-origin-of-the-moon

>混迷を極める現代
 …
>結局どうしたらいいの?
→多様な Giant Inpact のより詳細な計算
→新たな月の石のサンプル・月の酸素同位体比を持つ隕石の取得
→いっそ Giant Inpact 説から離れてみる

ちょっと端折りすぎたかもしれませんが、混迷ぶりがわかります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


縦割り組織(続き)

2017/06/22 00:00
2017-06-06 縦割り組織

| 適当な URL を探したのですが出てこなかったので、ちょっと抽象的になりますが
| もちろん上記の引用のようなことはやろうとはしているようです。

ようやく、ひとつ見つけました。

>【日本の解き方】マクロ経済オンチの財務省
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160701/dms1607010830006-n1.htm

>数百本の数式の塊であるマクロ経済モデルは、消費関数、投資関数、為替関数、
>フィリップス曲線など経済理論の具体化であり、とても勉強になった。
 …
>吉田氏や筆者がいなくなったら、マクロ経済モデルをメンテナンスする人が少なく
>なり、結局、使わなくなったようだ。それとともに、財務省のマクロ経済音痴が
>進行していったように思える。

それに、こういう話もある。

https://twitter.com/ShinyaMatsuura/status/876447785364594689
>昔、ニューズレター記者で霞が関官庁街の廊下トンビをやっていた頃、際立って
>雰囲気の悪い官庁が2つあって、文部省と外務省だった。

https://twitter.com/J_kaliy/status/876582179249061888
>昔、通産省があった頃、そこの東大卒のキャリア官僚に、同期でも文部省と
>外務省組は、だんだん話が通じなくなってきた、と聞いた事がある。

組織が縦割りの上に、うまくいかない組織は組織風土も違うらしい。

う〜ん、これではなかなかうまく全体がまわらない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


円を描く方向

2017/06/21 00:00
https://www.plurk.com/p/ma1z0t
( https://qz.com/994486/the-way-you-draw-circles-says-a-lot-about-you/ )

> ゲームツールで集めた12万件近くの図形描画データから、円を描く
> 方向が大半は反時計回りなのに日本、台湾のみ時計回りと。

そういえば“卍”も時計回りですね。

以前、円グラフの書き方に日本と他国で違いがあるという話を聞いた
ことがありましたが、ネットでうまくエビデンスを拾えませんでした。

言語の影響がこのような図形の書き方にまで及ぶとすると興味深いです。

なお、時計が時計回りなのは北半球での日時計の影の動きに合わせている
という理解でよいかと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リゼロ

2017/06/20 00:00
> 人間の棋譜を用いずに評価関数の学習に成功

これで興味があるのが、より面白い[1]初期配置がないのか、
あるいは、新しい性能の駒を追加したら面白くならないか
などの観点です。

囲碁の場合、大昔は盤面にあらかじめ黒白おなじ数の石を
配置した状態を初期配置としていましたが、その後、全く
空の盤面から開始するように変わり、ゲームの面白さが
向上しました。

そういうことがあるのではないかと思います。

マシンパワーと電気代あるいはクラウドの使用料が大変な
金額になるでしょうから、こういう役に立ちそうもないこと
には、あまり関心を示す人はいないのかもしれません。

[1] 面白さを数値で定義する必要がありますが…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


KIC 8462852

2017/06/19 00:00
2016-09-07 HD164595(?)からの信号

|そういえば、↓こちらはその後 新しい進展はないのでしょうか?
|
| >宇宙人の巨大構造物の謎があらぬ方向に急展開[1]
| http://www.gizmodo.jp/2016/01/KIC8462852.html
|
| [1] ついに発見!?宇宙人の高度文明(2016-09-15T22:00+09:00 再放送)

また減光があったようです。

>「エイリアンの巨大建造物」と呼ばれる星から再び謎の減光現象が確認される
http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52240742.html

> 2017年5月19日の金曜日に、再度減光が行われたそうで、天文学者は
> この現象をリアルタイムで観測することに成功した

リアルタイムの観測で現象理解が進むとよいのですが…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「ディープラーニングを用いたアニメ中割り実験」

2017/06/18 00:00
2016-04-10 絵コンテ→アニメ
2016-05-10 絵コンテ→アニメ(続き)
2016-09-13 絵コンテ→アニメ(さらに続き)
2017-01-03 無限羅漢?

これら↑の記事系列の新情報です。

>ドワンゴがディープラーニングを用いたアニメ中割り実験の論文を公開
>スローモーション演出などへの活用に期待

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1706/14/news138.html

>論文では同実験の結果について、「原画を直接中割りすることは無理だと
>思われるため動画工程の省力化には寄与しそうにない」としつつ

これが現状の最高技術レベルということになります。

まだまだ道半ばのようです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

suchowan's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる