アクセスカウンタ

suchowan's blog

プロフィール

ブログ名
suchowan's blog
ブログ紹介
suchowan's Home Pageの管理人のブログです

《ピン留めブログ記事》
 2016-02-07 凡例 - ブログ記事へのリンク
 2016-02-05 アクセスの多いブログ記事
 2016-02-04 クローズできてないブログ記事 - アイデアの行方
《ブログ テーマ リソース》
When.exe: demo(mirror) / wiki / gems / code / note
普遍単位系: 要約 / wiki / 和文 / 英文 / 変換
《論文・エッセイ等より》(原稿のため雑誌とずれがあるものあり)
暦法は世界をめぐるか(『国際交流』第99号,2003)()
マヤの暦は2012年の終焉を予言していたか(『歴史読本』2012年10月号,2012)()
具注暦の時刻表記について(『日本暦学会』第20号,2013)() - (集録,2016)
「七千年ノ後僅ニ一日」の謎(『日本暦学会第21号,2014) (→訂正) - (集録,2016)
コラム「2033年問題」(『暦の大事典』,2014,pp.407-409)
When.exe Ruby版(『漢字文獻情報處理研究』第15号,2014)
貞享暦の日行盈縮と定朔(『日本暦学会』第22号,2015) (→訂正)
貞享暦のオリジナリティに関するノート(『日本暦学会』第23号,2016)
江戸時代の暦 復元ワークショップ(『日本暦学会』第23号,2016)
2033年問題はどのように知られてきたか(『日本暦学会』第24号,2017)
zoom RSS

天正10年6月朔の日食

2017/09/22 00:00
信長が天正10年末〜翌年初の暦を三嶋暦に合わせるよう迫った
問題について、

>本能寺の変、朝廷黒幕説を覆すキーワードは「日食」だった
http://ironna.jp/articles/7667

という説があるそうです。宣明暦[1]が日食を予報しなかったと言う。

hosi.org で問題の日食を宣明暦が予測していたか確認するには、
http://hosi.org の[設定]ボタンを押して、設定モードに入り、
日本(♔,☞)の[設定]ボタンを押して日本暦日の設定画面を開き、

 → http://hosi.org/cookies/Japanese

この画面の右下隅の「七曜/六曜/具注暦」を具注暦にして、
[OK] ボタンを押します。

そして、天正10年6月一か月分の暦を見ればよい。

 → http://hosi.org/*/天正10(1582)-06

確かに朔には日蝕八分とあります[2]から、当時の暦官が計算間違いを
していたのでなければ、暦面には日食が予報されていたはずです。

どうやら冒頭の URL で引用した説は間違い?[3]

個人的には

 2015-05-31 天正十年の改暦問題

で紹介した説が合理的で有力だと思います。

[1] 三嶋暦を宣明暦でないものと見なしている?
  → 2015-02-13 京暦と三嶋暦
[2] → GitHub
[3] 竹迫忍「宣明暦具注暦に記載された日食について」によれば、
  天正10年の具注暦の現物が国立公文書館に残っており(194-495)、
  問題の蝕は記載ありとなっている由。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


清朝200年

2017/09/21 00:00
https://twitter.com/marei_de_pon/status/907561353593872384
>昔あるドラマで、関ヶ原の戦いの直後だかに徳川家康の側近が「これで
>徳川三百年の礎が出来ましたぞ!」とか言ってしまう場面があったらしい。

これ、似た話がありました。

2014-05-18 『西洋新法暦書』と『暦象考成上下編』の違い
| ・相違点
| (i) 200年暦→2000年暦

清朝で編纂した『西洋新法暦書』の暦日表が200年分しかなかったことが
「清朝は200年で倒れるという意味か」と政治問題になって、次の
『暦象考成上下編』では2000年分になった由。

独裁国家で世渡りをするのは大変です。

[関連記事]
 2015-09-08 康熙甲子元法の置閏法と湯若望
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「誤解だらけの天文学史」

2017/09/20 00:00
>誤解だらけの天文学史 〜「古代インドの宇宙観」を例に
http://www.wakayama-u.ac.jp/~okyudo/delme/tenkyo/5-04-4.pdf
https://togetter.com/li/485645

こういうのを見つけました。

ちょっと 2017-09-17 の話題とも関連しますね。

こういう話をたくさんまとめて、

 あなたの常識はもう古い!
 あなたの習った○○は最新の研究では△△に変わっている。

というようなシリーズをやればウケるかと思ったのですが、案外
○○自体が知られていないことが多そうでアイデア倒れかな。

以前、暦の会事務局の吉成さんにも、ウマい○○を探しては
どうかというアドバイスをいただいたこともありました。が、
そのときも、“知名度のある○○”の不足がネックでした。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


最古の「0」

2017/09/19 00:00
>最古の「ゼロ」文字、3〜4世紀のインド書物に 英大学が特定
http://www.afpbb.com/articles/-/3143151

あれ?マヤやメソポタミアにもなかったっけ?

と思ったら、現代の算用数字の「0」に系統が繋がるものとして
“最古”という位置づけのようです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイムスキーマと独立な機能(もうひとつ番外)

2017/09/18 00:00
2017-09-12 タイムスキーマと独立な機能(番外)と同じく、
require 'when_exe' しないと使えないため以前は紹介し
なかった機能をもう一つ

require 'when_exe'

When::Coordinates::Residue.new(365.2421875, 29.530589).each do |v|
 p v #=>
# [12, 1, -0.36826625774379274]
# [25, 2, 0.13173374225620726]
# [37, 3, -0.03493292441045881]
# [99, 8, 0.006733742256207265]
# [136, 11, -0.004629894107429422]
# [235, 19, 0.00015479488778602501]
# [4131, 334, -2.78468990089209e-06]
# [12628, 1021, 1.477410265238177e-07]
# [79899, 6460, -3.873823928302045e-09]
# [492022, 39781, 1.745092959026806e-11]
# [17792691, 1438576, -2.3092638912203256e-14]
# [356345842, 28811301, 0.0]
end

ふたつの実数を与えて、その比に近い最良近似分数の系列を
求めます。

上記の例では、太陽年と朔望月の比の系列を求めており、
メトン周期も見つかっていますね。

この機能はコマンドラインからも使えるようにしており、
その実例は既に、

 2014-04-01 中根元圭と連分数

で紹介しています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


二十八宿 - インドと中国(続き)

2017/09/17 00:00
2012-08-31 二十八宿と二十七宿
2013-03-29 二十八宿 - インドと中国

の話の続き

二十八宿は中国からインドに伝わったという説の起源は、
新城新蔵『東洋天文學史研究』(1928)だと思うのですが
先日、ある方にこの説を明確に否定する論文が出ている
ことを教えていただきました。

善波 周「印度の牽牛・織女」(1953)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ibk1952/2/1/2_1_46/_article/-char/ja/

研究コミュニティが分断されていて、右手のやっている
ことを左手が知らないというような状況なのでしょうかね?

ただこの論文、比較的年代の浅い『スールヤ・シッダーンタ』
を主に考察しているようで、現代ではもっと研究が進んで
いるのではないかと思われます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Microsoft の改元対応

2017/09/16 00:00
>日本マイクロソフトの新元号 (和暦) 対応に関するサポート情報のブログ
https://blogs.technet.microsoft.com/jperablog/

いつの間にか、こんなページができていたのですね。

>5. ICU (International Component for Unicode) の更新
つまり、対応は日本国内で閉じず、国際規格に波及する。
あまり意識していませんでしたが、確かにそうです。

現状“~”がUx337Bに割り当てられていて、次の元号は
Ux337A になるのでしょうが、近傍のコードポイントは、
Ux3377 までしか空いていない。

その後はどうするのでしょうか?

照合順序がコードの逆順になるのもいやらしいですね。

[前回記事] 2017-06-16 カレンダー業界 新元号「来年1月までに」
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

suchowan's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる