アクセスカウンタ

suchowan's blog

プロフィール

ブログ名
suchowan's blog
ブログ紹介
suchowan's Home Pageの管理人のブログです

《論文・エッセイ等より》(電子版が見つかったもの―原稿のため雑誌とずれがあるものもあります)
暦法は世界をめぐるか(『国際交流』第99号,2003)()
マヤの暦は2012年の終焉を予言していたか(『歴史読本』2012年10月号,2012)()
具注暦の時刻表記について(『日本暦学会』第20号,2013)() - (集録,2016)
「七千年ノ後僅ニ一日」の謎(『日本暦学会第21号,2014) (→訂正) - (集録,2016)
コラム「2033年問題」(『暦の大事典』,2014,pp.407-409)
When.exe Ruby版(『漢字文獻情報處理研究』第15号,2014)
貞享暦の日行盈縮と定朔(『日本暦学会』第22号,2015) (→訂正)
貞享暦のオリジナリティに関するノート(『日本暦学会』第23号,2016)
江戸時代の暦 復元ワークショップ(『日本暦学会』第23号,2016)

When.exe関連リソース》
・demo http://hosi.org:3000 (mirror http://hosi-org.herokuapp.com )
・wiki http://www2u.biglobe.ne.jp/~suchowan/when_exe_wiki.html
・gems https://rubygems.org/gems/when_exe
・code https://github.com/suchowan/when_exe
・note http://hosi.org:3000/Note

普遍単位系関連リソース》
・要約 http://www.asahi-net.or.jp/~dd6t-sg/univunit-e/revised.pdf
・wiki http://dozenal.wikia.com/wiki/The_Harmonic_System
・和文 http://www.asahi-net.or.jp/~dd6t-sg/univunit-j/
・英文 http://dozenal.com
・変換 http://hosi.org:8080/cgi-bin/conv.cgi?m=01000

《hosi.org サービス・ポート》
・ 80 代表ポート(転送など)
・3000 When.exe テスト(メイン)
・3030 日本暦注データセット問合せ
・4000 When.exe テスト(サブ)
・4000 ブックマーク
・8080 進法&単位変換サービス
・8080 暦の会関連 諸々データ置き場(ID,パスワード要)
・8090 FESS による機械学習関連情報検索
zoom RSS

「冥王星が見せた素顔」

2016/12/12 00:00
ビデオの整理をしたら、

>「冥王星が見せた素顔」(視点・論点)
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/257853.html

を発掘しました。上記の URL で全文読めます。

2015-12-18 「冥王星大接近〜最新探査が挑む 太陽系最果て〜
| ニューホライズンズから地球への通信は伝送帯域が限られているため、
| 接近時に撮った写真は溜め込まれて、徐々に送られている

なんと今年の10月27日までかかっていたとは!

動画を見ると、ずっと瞬きを我慢して正面のカメラを見続け、
ちょうど10分で番組が収まる速さでしゃべり続けるというのは
大変な作業だなと思います。

10分のためにどれくらい時間をかけて準備するのでしょうね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ビデオの整理

2016/12/11 00:00
今回の週末はクールの境でないのにビデオ整理の日々になりました。

現在録画に使っているレーコーダーは、USB経由でハードディスクに
残すようにしているものが多いのですが、DR 形式のままでの保存を
想定して設計されているためか、まだ容量が残っているのに1000番組
までしか録画を残せないものがいくつかあります。

それらが1000番組ぎりぎりになってきたため、臨時で整理が必要に
なってしまったのです。

そろそろ現在の形式での録画も限界に来つつあるのかもしれません。
かといって、なかなか VOD への乗り換えも進みませんが…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


高橋秀俊『電磁気学』

2016/12/10 00:00
2016-11-24 単位の扱いで、

| 最終的に納得したのは、
|
| 高橋秀俊『電磁気学
|
| の pp.185-187 の立体角による磁位の導出のしかたを読んだとき。

と書いたのは記憶違いでした。蔵書中の同書の奥付を見ると
「昭和46年8月5日 第15刷」とあります。
新刊で買ったので、購入はそれほど後ではないはず。

こちらを先に読んでいて「立体角による磁位の導出」が印象に残り、
その後、ずいぶん経ってから、

 http://www.asahi-net.or.jp/~dd6t-sg/univunit-j/univunit-j.pdf

の p.15 B.2 を思いついて、ストーリーが繋がったというのが実際の経緯です。

Appendix B 全体は、こちら↓

 http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I4171023-00

にもあります
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ISO8601 改訂(続き)

2016/12/09 00:00
2016-08-14 ISO 8601 改訂の件、

カレンダーメーリングリストに話題が出ていました。
(→こちら)

数字を使って複数か月の期間を表現するというような
検討がされているようですが感心しません。

Karl Palmen さんが指摘されているように、non-Gregorian
calendars の扱いが難しくなるばかりです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Hanke-Henry Calendar 改訂

2016/12/08 00:00
Hanke-Henry Calendar が改訂されたようです。
http://calndr-l.10958.n7.nabble.com/New-Henry-Hanke-calendar-website-old-shortcomings-td17297.html

http://hankehenryontime.com/html/calendar.html を確認したところ

・日曜始まりを月曜始まりに変更
・閏週の配置は今まで通り

で、2018-01-01 でグレゴレオ暦と同期する由。

要するに単純に丸一日だけ日付がずれたということ。

ライブラリは変更して GitHub に登録しました。
また http://hosi.org:3000 の動作も変更しました。

例によって Gem の更新は次回のバージョンアップ時です。

なお、改訂前の動作をさせるには、

 HankeHenry?origin_of_LSC=1721061

のように、元の暦元の日付を明示的に指定してください。

[関連記事]
 2014-08-30 グレゴリオ暦の変種
 2014-08-31 グレゴリオ暦の変種(続き)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


三浦梅園謄写『世界図』

2016/12/07 00:00
暦文協「奉暦祭」講演のもうひとつの話題は表題の件

見行草』もこちらも、前提としている聴衆の予備知識にやや乖離が
あったようで、質疑応答があまりなかったのはもったいなかったです。

三浦梅園さんについては、経歴は説明がありましたが、その思想に
ついては深くは触れられませんでした。三浦梅園を画像検索すると、
こんなものたちがヒットします。これらのうちの図面のいくつかを
使うとイメージが伝えられたかもしれません。

私見ですが、三浦梅園の関心の中心は物事の間のリレーションに
あったのではないかと思います。天動説と地動説の整理の仕方[1]にも
それが見て取れるように思います。

[1] 「麻田翁五星距地之奇法」の発見
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


麻田剛立筆『見行草』

2016/12/06 00:00
暦文協「奉暦祭」講演で採り上げられた麻田剛立筆『見行草』[1]ですが、
明和二年(1765)年分の暦計算の草稿でした。

暦定数のうち歳実[2]が365.241545日ということで、宝暦暦[3]で計算した
もののようです。ただ、この少し前に日食で宝暦暦とは異なった予報を
していますから、子細に分析すれば宝暦暦の暦定数とは微妙な違いが
あるかもしれません。

麻田剛立に関して、当面の一番の謎は、時中暦の暦定数(特に歳実)の
由来です。今回の『見行草』は時中暦成立以前のものですので、
関心の対象からはチョットずれます。残念。

[1] 「けんぎょうそう」と読みます。
[2] 暦元から当該年までの太陽年の平均のことでしょう。
[3] calendar-constants.xls 暦定数シート E31-E32セルにありますように、
  貞享暦と宝暦暦の太陽年の長さは同じ計算式です。365.241545日は
  宝暦暦の暦元から明和二年までの太陽年の平均なので、暦元が特定
  でき、計算が貞享暦ではなく宝暦暦によっていると判断できます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

suchowan's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる