テーマ:映画

Somewhere in Time

日本語吹き替え版がBSテレ東で放送された由。 https://www.fukikaeru.com/?p=15291 昨日のようなことをやっていて気付いたのは放送後になって しまいましたが、BSテレ東は連続録画しているので、視聴 環境にサルベージできました[1]。 この映画、本ブログを検索してみると、  201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『映画館と観客の文化史』(つづき)

 2020-10-21 『映画館と観客の文化史』 同書 p.191 >ダウンタウンということばほど価値下落のはげしい言葉も少ないだろう。 … >ダウンタウンは凋落した町、治安のゆきとどかない荒廃した街の同義語となってしまった。 … >ハリウッドもまた今日、そうした薄汚れたイメージを払拭できない街であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『映画館と観客の文化史』

標題の新書は出版されてもう14年ほど。 分量は、  前書き:アメリカ編:日本編 = 1:4:2 くらいの比率です。 ちょっと興味があったのは「弁士」の位置づけ。 サイレントの時代の説明者というのはどの国にもいたのですが、 日本の「弁士」に相当するものは、日本とその植民地を除けば タイくらいにしかいなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「てのひらの中で乾杯」

Amazon Prime Video で『HOUSE』が見えるように なっていて懐かしかったです。 最初に見たのは池袋文芸坐のオールナイト上映 だったでしょうか。 何本も見たラインナップの中で奇妙に記憶に 残っているのが標題の作品。 「てのひらの中で乾杯/キリンビールのできるまで」 ミュージカル仕立てで「除…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

キアラ

(1) ダーククリスタルのヒロイン (2) ザナドゥのヒロイン (3) アッシジのキアラ なんとなく全部 Kiara[1] だと思っていたのですが、 調べてみると(1)(2)は Kira、(3)は Chiara の由。 意外だったのでメモとして残しておきます。 ただし、Kira の発音は /kɪərə/ でも良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

応援歌

ちょうど今週は朝ドラで応援歌の話をしていますが、 そういえば昔CDを買っていたのではないかと捜して 見つかったのが↓のカセットテープでした[1]。  1983年 最初に買った CD ドライブが LD も観ることができる 初めての機種の CLD-9000 で、それが 1984年のこと ですから、確かに 1983…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『若おかみは小学生!』

先日5月16日に放送されました。 >劇場アニメ「若おかみは小学生!」NHK Eテレで5月16日に放送 https://eiga.com/news/20200516/1/ 公開時に劇場で見ていながら、すっかりストーリーのディテールを 忘れてしまっていたので、事前の記事にはしなかったのですが、 やはり名作ですね。テレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『キネマの天地』

# 2020-05-13の記事からの連想で『キネマの天地』も記事として # 採り上げておきたくなりました。  2020-05-07 Someone to watch over me | 自分の場合大きなスランプというのは凡そ20年おきです。 |  1981-1982 |    …  2020-05-13『新平家物…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Akira

2020-04-07 クールと年度の境(2020) | VOD 主体に軸足を移すことにしました。 ということで、ずいぶん久しぶりに Akira を見ました。 # 先日見たときは Netflix 映画部門 5位でした。 この映画の音楽は芸能山城組でしたね。 大学の教養学部時代の同級生のひとりが芸能山城組でケチャ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『薔薇の名前』

>BS4K 海外ドラマ『薔薇の名前』放送決定! https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/414558.html 12月から1月にかけて放送の由。 以前、原作を読んだ際に映画版を見られないかと探したのですが、 過去のエアチェック履歴にもなく、VOD でも販売メディアで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『蜜蜂と遠雷』映画化

 2017-03-05 『蜜蜂と遠雷』 | 映像化は難しそう ところが なんと映画化される由! >恩田陸の直木賞受賞作「蜜蜂と遠雷」映画化決定 https://news.walkerplus.com/article/166516/ 「○○なすばらしい演奏」の「○○」が演奏ごとに全部違う わけですから、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空海の映画

『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』が映画になった由。 http://ku-kai-movie.jp/ そういえば、この本、読んだ後に横積み[1]にしたままだった。 第四巻が少しズレているのは、東日本大震災の際に、本棚が 揺れてズレたのをそのままにしているからです。 その後、あえて触っていない。 原作は原作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『なまくら刀』(1917年)

>日本アニメーション映画クラシックス http://animation.filmarchives.jp/index.html というサイトが完成した由。 『なまくら刀』をネットで検索してみるとYouTube にも2008年 のニュース映像がありましたが、これは後半部分約2分の版。 上記のサイトのものは、201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プルーストの映った動画

>Planet masaka - 'プルースト' search result の 2017-02-19 http://www.kanzaki.com/info/planet_q?kwd=%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88 >1904年のグレフューレ伯爵夫人結婚式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キネマ旬報日本映画ベスト・テン

いや、びっくり 昨年は、  2016-06-01 ディストラクション・ベイビーズ[1]  2016-07-20 リップヴァンウィンクルの花嫁  2016-10-26 シン・ゴジラ  2016-11-24 この世界の片隅で と、4本も観てました。 こんなことって何十年ぶりだろう! [1] 主演男優賞・新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三津浜を舞台にした映画(続き)

2016-05-16 三津浜を舞台(?)にした映画 先日1日(映画割引日)に見てきました。 一人目よりも二人目、二人目よりも三人目…と だんだん“悪く”なっていくというのは、映画的 なのでしょう。過去のいくつかの作品の延長線上 の文脈で位置づける映画だと思います。 三津商店街のアーケードは取り壊されてしまった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三津浜を舞台(?)にした映画

三津浜を舞台(?)にした映画  『ディストラクション・ベイビーズ』 が今週末に封切の由 郷里がフィクションの舞台になるのは  『がんばっていきまっしょい』 以来でしょうか。 [関連記事] 2016-01-31 ブラタモリ 松山編
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えんさん ― 映画「天地明察」

2012-11-11の映画「天地明察」の記事で、 >安井家は京都に本拠があったので、えんさんは江戸から >駆け付けたのではないかもしれない と書きましたが、西内勝『渋川春海の研究』p.91に  春海は、貞享元年十二月朔、幕府より棋所の役を免ぜられ、  天文方と云ふ新役を命ぜられた。やがて、三年九月、家族…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンダーのゲーム

エンダーのゲームが映画化されて公開されるようです。 米国では11月公開とのことですが、日本公開は未定らしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年ヒット番付【映画】

標題のような記事が日本経済新聞に載りました。 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1602F_W3A110C1000000/ 『天地明察』は20位までにも入らず、残念なことになってしまったようです。 作品としての評価は『映画芸術』では http://eigageijutsu.com/a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の湖

本日深夜(正確には年が明けてすぐ)、CS 日本映画専門チャンネルで あの『幻の湖』を放送するようです。 公開当時は、ある意味でかなり話題になったので覚えています。 怖いもの見たさで見てみるのも良いかもしれません。 # リピート放送もあるようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『天地明察』

今度は映画の方の話[1] 映画をあまり見ず、暦・天文・囲碁に予備知識のない人がご覧になれば、それなりに楽しめる 映画だったのではないかと推察します。また、史実や科学的検証からはずれた所がたくさん あるようですが、最後にフィクションと断り書きがあるので、それほど目くじらを立てること でもないかと思います。[2] むしろ残…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more