テーマ:暦の会

[天文学と印刷]展 図録

 2018-10-25 [天文学と印刷]展 展覧会の図録が第60回カタログ展で賞をとったそうです。 https://twitter.com/PrintingMuseumT/status/1070170954532216832 デザインもそうですが、完全にページを開いてフラットに 読めるように製本してあるのがありがたいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大小告知板」(つづき)

 2018-06-19 「大小告知板」 この記事を書いた際には、いただいた「大小告知板」が どうしても見つからなくて、外部リンクとしたのですが 今回の整理で実物を掘り出すことが出来ました。 どちらの紐でぶら下げるかで、“大”にも“小”にも なります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資料の整理(つづき)

 2018-11-17 資料の整理 とりあえず最初の目標である「暦の会」資料の整列まで終了。 ドッチファイルで約28cm相当分の厚さになりました。 http://www1.cts.ne.jp/~koyomi/reikai.html の第201回~第276回の部分のものも一部は見つかりましたが、 案内状は本当にそのと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「具注暦の時刻表記について」のこれまで

昨日の話題、そもそもの発端から整理すると長くなります。 もともと「具注暦の時刻表記について」の内容はかなり以前に発見していて 「暦の会」例会で発表していたものでした。ただ、メインの演題ではなく 例会の最後に設けられる各メンバーの報告の時間に説明していたと思われ[1] http://www1.cts.ne.jp/~koyomi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「誤解だらけの天文学史」

>誤解だらけの天文学史 ~「古代インドの宇宙観」を例に http://www.wakayama-u.ac.jp/~okyudo/delme/tenkyo/5-04-4.pdf https://togetter.com/li/485645 ↑ こういうのを見つけました。 ちょっと 2017-09-17 の話題とも関連し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎の「万年暦」マンホール(続き)

2016-09-19 謎の「万年暦」マンホールの件 | 「万年暦」としてどう使うのか謎です。 暦の会の方が問い合わせたところ、やはり“モチーフ”としただけで 「万年暦」として使うようにはなっていないようです。 デザインの詳細は「古いので不明」とのこと。 …とすると、著作権者との連絡がつかないまま報道機関に画像が公開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

hosi.org のサービス・ポート

昨日の件に関連し、hosi.org のサービス・ポートを列挙しておきましょう。 ★代表ポート  http://hosi.org:80   リクエストに応じて諸々の転送を行います   (一部の処理は自分自身で行っています) ★When.exe テスト  http://hosi.org:3000 と http://hos…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代の暦復元ワークショップからの別件

2015-07-24 江戸時代の暦復元ワークショップ 2015-08-03 仮名暦のデジタル化資料 の件、某社にお話しをうかがってきました。 が、ビジネスモデルにずれがありなかなか難しそうです。 ただ、別件で、 http://hosi.org から、国会図書館所蔵の『古暦帖』や、某社自身が 運営しているデジタル・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『歴史読本』休刊

「歴史読本」59年の歴史に幕 http://news.yahoo.co.jp/pickup/6176723 ショッキングなニュースが飛び込んできました。 思えば「暦の会」発足の契機となったのが↓の 「万有こよみ百科」特集号(1973年12月)でした。 ちょうど同じ頃に数理科学の「暦」特集も出ています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越仙波東照宮の石段の影(続報)

2015-09-06 「川越仙波東照宮の石段の影」の記事の続報です。 『川越の文化財』の当該記事がオンラインで読めるようになっているそうです:  ・仙波東照宮の日時計機能 ドゥエル・石原 共著  ・仙波東照宮の表石階段の軸 不思議なこと、愉快なこと ドゥエル 著 また来月、以上の原稿内容についても含んだ講演会が開催さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越仙波東照宮の石段の影

川越市文化財保護協会編『川越の文化財』に、暦の会の ドゥエル・ベーリさん(前後者とも)と石原幸男さん(前者のみ)の  「仙波東照宮の日時計機能」 (119号, 平成27年3月20日発行)  「仙波東照宮の表石階段の軸」(120号, 平成27年7月30日発行) が掲載されています。 標題の石段の影が徳川家康の命日や徳川氏の江…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮名暦のデジタル化資料

2015/07/24 江戸時代の暦復元ワークショップの記事に関連して 仮名暦のデジタル化資料の状況を確認してみました。 国会図書館所蔵の『古暦帖』は寛文10(1670)年以降を網羅している 模様で、館外からも閲覧できるデジタル化資料が公開されています。 最初の部分を確認すると、下段の暦注も読める解像度のようです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

達人達 「さかなクン×磯田道史」

http://www4.nhk.or.jp/switch-int/x/2015-07-25/31/19500/ 再放送も済んでちょっとタイミングを逸してしまいましたが、 当り回でした。 ・江戸時代の最も重要な特徴は「多様性」である。 →2014-01-10 藩の多様性 ちょうど本記事公開の瞬間にやっている「英雄たちの選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代の暦復元ワークショップ

暦の会例会400回記念事業「江戸時代の暦復元ワークショップ」は、 暦の会会長の岡田芳朗氏ご逝去に伴い中断しています。 校定作業の基準とすべき実際の頒暦をどうするかがネックだったのですが、 国立天文台のデジタルデータが細かな暦注を判読できる高精細なものに 最近置き換わったようで希望が出てきました。 ある年の仮名暦を復元す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西澤宥綜氏 ご逝去

2012-09-10の記事でとりあげた西澤宥綜さんが 今年六月にご逝去とのこと。 西澤宥綜氏は『暦日大鑑』で有名です。 同書は、明治改暦以降の二十四節気の時刻が 実際に出版された暦などでどのように記載されて いたか現物を確認して検証してあり、私もときどき 利用させていただいています。 また、書誌的には「2033…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100周年

私事ですが、本日2014-11-15は父親の生誕100周年にあたります[1]。 暦の会400回例会と同じ日になるとは、なんたる偶然。 [1] 生きていたら満100歳の誕生日でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡田会長ご逝去

暦の会の岡田会長ご逝去とのこと(→読売新聞) 業績などについては他の方々も言及されるでしょうから措いて、 その温厚なお人柄に感銘を受けてきました。 暦の会のような任意団体を40年以上円満に運営するというのは、 並大抵のことではできないことだと思います。 ご冥福をお祈りします。 一昨日受領した案内によると …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12時間制とstrftime

土曜日の暦の会のお題は安藤隆雄さん(→「時計の12時はなぜ0でないか?」)の 〝「午前12時は夜中か昼間か」と問われて、戸惑うのはなぜか〟 これについて when.exe の実装に関連した補足を少し… 輸入されてくるデジタル時計の12時間制の表記は、多くは、 http://en.wikipedia.org/wiki/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜・春分・望月・お釈迦様の命日・中秋の名月

2014-09-09日経新聞朝刊最終面の岡田芳朗さんの記事で、2033年問題 の説明に六曜が出てきます。六曜は最近普及したもので迷信だから よくないと言う意見もありますが、2033年問題が実生活に一番影響を 与えるのが何かと考えると、一般向けの解説で六曜から説明を始めるの も致し方ないようにも思います。 2013-08-1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暦の会400回

今年の12月に暦の会の例会が400回に達します。 昨日の日経新聞最終面に、暦の会会長の岡田芳朗氏の、 「暦の会」のこれまでの活動と現状を振り返る記事が 掲載されました。 当面の活動の焦点は「2033年問題」と「江戸時代の暦 復元ワークショップ」 ざっと探したところネットからでは読みにくい[1]ようです ので、他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「七千年ノ後僅ニ一日」の謎(その後)

google で "「七千年ノ後僅ニ一日」の謎" を検索すると、  (1) 私が言及したページ  (2) Wikipediaの「グレゴリオ暦」(とそのデッドコピー)  (3) 近江神宮の『日本暦学会』第21号の目次紹介 しかヒットしません。(2)に特別「七千年ノ後僅ニ一日」の謎に着目した 引用があるページは皆無です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ・カレンダー

2014-08-04の記事で話題にした朝倉書店『暦の大事典』の p.218 の写真はBangBangさんのカレンダーの2012年6月19日 の部分です。 8月21日朝8時~8時49分 BS103で再放送する >世界で一番美しい瞬間▽「神々の島 想い届ける瞬間 バリ」 http://www4.nhk.or.jp/sek…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉事注(その後)

2014-08-06「吉事注」の記事で、 >これで「江戸の仮名暦」雛型データも、吉事注をルールベースで撰日して >みることが可能になったといえます。 と書きましたが、撤回せざるを得ないようです。 『暦の大事典』pp.376-378にある「節月と日の干支で撰日する」吉事注 (“あさまきよし”~“むきまきよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉事注

朝倉書店『暦の大事典』で最も新規の情報というと、pp.375-395 あたりの 暦注の撰日規則の解説です。『日本暦日総覧』の解説に書かれていたのは 具注暦のものでしたが、こちらの方は仮名暦にも配慮がなされている。 とくに吉事注は、これまで情報が少なかったのでありがたいです。 これで「江戸の仮名暦」雛型データ[1]も、吉事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝倉書店『暦の大事典』刊行(続き)

ひとつ訂正があります。p.218 の写真に付けた説明で、右側上から3番目の “Sato”はIngkelではなく6日週が正しい。6日週は2種類あるのです。 歴史読本のマヤ暦の原稿といい、いつも何かひとつはやらかしてしまう ^^; ざっと見たところ、他の方々のところにもいくつか修正すべき点があるように 思われます。 しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝倉書店『暦の大事典』刊行

2012-11-27の記事の | 宝暦暦・寛政暦についてまとまった文章の依頼が来ました。 は標題の『暦の大事典』の件だったのですがついに刊行されました。 書いたのは宝暦暦・寛政暦の項に加えて、東南アジアの暦のコラム の部分や、巻末の「暦定数表」などです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サウジとチベットの暦

先月の暦の会の例会で訪れた月光天文台の「世界のこよみ展」 気になるカレンダーがふたつ ・サウジ・アラビア(→この月) アラビア語と同じく右から左へ向かって日付が並んでいます。 左端が土曜日です。 ・チベット(→この月) 日付がチベット文字の数字で書かれています。 確かに2014-07-16 に欠日がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カレンダー工場見学

昨日は暦の会のオプショナル見学会に参加しました。 http://www1.cts.ne.jp/~koyomi/kikou2-42.html ◆〈オプショナル見学会〉  6月25日(水) ◎㈱トーダン牛久工場、および暦資料室の見学会 工場の方々には見学者一同を笑顔で迎えていただきたいへんありがた かったです。もともと繁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮名暦その後の実装

・往亡 没日の廃止に対応する。→済 ・半夏生 中段に追加する。→済 ・日月食 日付から文面を引く表を追加する。→済 最初は現代の暦定数で計算したものを仮に用いる。→済 享和3年と天保14~天保16年の暦は実際の文面を表に登録しました。 読み下しは大崎正次編『近世日本天文史料』によっています[1]。 その他の日月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神吉・母倉など

2014-05-08の記事 >・神吉・母倉 >『日本暦日総覧』などの文献や資料と撰日法が異なる。 >享和3年と天保14年の仮名暦から抽出した結果を、 >すべての年で使用している。妥当性は不明である。  http://hosi.org/Note/1843 と  http://hosi.org/Note…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more