テーマ:when.exe

「おらんだ正月」とグレゴリオ暦

日本暦学会会報の最新号 pp.4-5に、 “「おらんだ正月」とグレゴリオ暦”(石原幸男氏) という記事を見つけました。その p.5 の表によれば日本の暦での冬至が、 18世紀末にグレゴリオ暦12月21日に同期しています。 これをちょっと when_exe gem で再現計算してみました。 明和の修暦以降42年間の冬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ruby 3.0 対応へ向けて(つづき)

昨日の修正を反映して、実際にの Ruby のバージョンを、  ruby 3.0.0p0 (2020-12-25 revision 95aff21468) [x64-mingw32] に上げた環境で、下記のとおり最新バージョンの gem を install し、  linkeddata 3.1.5  tzinfo 2.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ruby 3.0 対応へ向けて

昨日につづけて、when_exe Gem を Ruby の最近のバージョンで 動かすための準備をしています。 本日のコミットは、  https://github.com/suchowan/when_exe/commit/16458040cd12aa10376c94feff724aecf74eecf8 推奨されなくなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Google Calendar API(つづき)

google-apis-calendar_v3 に対応するための変更を GitHub に、  https://github.com/suchowan/when_exe/commit/2066b7b31cc99839bf30c2a030bf0dc51feb9bfa でコミットしました[1]。 テストコードを実行するには認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

when_exe Gem の API ドキュメント

 2021-02-12 Google Calendar API のとおり when_exe Gem の改版へ向けての作業を少しずつ進めていますが、 その関連で https://rubygems.org/gems/when_exe を確認したところ、 API ドキュメントの記述が壊れてしまっているようです。 公開した際には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火星時間

>NASA火星探査車、着陸に成功 生命体の痕跡調査へ https://www.bbc.com/japanese/56121741 に関連して「火星時間で活動する」という↓話題発見 >惑星間テレワーク、勤務は火星時間 https://note.com/pequod_crews/n/na3bfc739e8fe …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Google Calendar API

 2021-02-05 1月アクセス | 2月は雑用も片付いてきたので when_exe Gem のバージョンアップ | に向けて、いろいろ確認を行っていこうと思います。 まず取り掛かったのが、標題の Google Calendar これに関しては、gcalapi を用いて、  2012-04-17 when.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖徳太子薨去から1400年(つづき)

昨日の話題のつづき 聖徳太子薨去前後の日付については、聖徳太子の母后の間人王に関して、以前  2012-02-29 天寿国繍帳銘に見える間人王の忌日 で言及しました[1][2]。 | こんな状況では唐の戊寅暦が日本に伝わって採用されるのは無理です。 竇建徳や王世充が割拠[3]していて日本と唐の間に連絡がつく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏至の日付

 2021-01-28 消える小妖精(つづき) | 夏至が固定される期間に入ったことも併せて注目 例えば、 >「2021年の節分」 https://www.543life.com/koyomi/post20210128.html で、もとの暦学会会報の記事が紹介されました。 他にも某新聞社から取材が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消える小妖精(つづき)

 2020-05-10 「立春と二至二分の日付の推移」(補足) | グレゴリオ暦での日付が固定される期間を列挙した表 意外にも、問題の立春が近づいてきたら、夏至が固定される期間に 入ったことも併せて注目されているようです。 上記の表を見ると固定される期間は三十数年間が多い。 これは、現在の回帰年の日数が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

favicon.ico

hosi.org のアイコン・ファイル favicon.ico は、 拡大すると、 のようになります。 もともと大きなサイズの絵を tcl/tk 用に縮小した ものだったのですが、元の絵は探しても見つかない。 「超解像度」変換を行ってくれるツールもありますが、 Web から無料で使えるようなものはそれほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の祝日の移動を反映(つづき)

昨日の、 | 諸々に反映 は具体的には、 (1) ライブラリの動作変更 例えば、  require 'when_exe'  include When  date = when?('令和3.8.8')  puts date.is?("山の日") #=> true となるのは、 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の祝日の移動を反映

2020-12-10 や 2021-01-01 に書いていた、 |  2020-11-21 来年の祝日の移動 | | に伴う when_exe Gem と fuseki-server の改訂 を、昨年の首相の交替とあわせて諸々に反映しました。 https://github.com/suchowan/when_exe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021 謹賀新年

明けましておめでとうございます。 昨年は、 ・2020-04-28 「立春と二至二分の日付の推移」 しか紙でのアウトプットがありませんでした。査読中のもの は複数あるのですが、査読が滞っているようです。特定学会 だけではないようで、会員でない某学会から査読の依頼[1]が 来たのにはびっくりしました。今はボールが投…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

古い PC の余生(つづき)

 2020-12-23 古い PC の余生 | (1) に Chrome OS、(2) に Ubuntu を入れて遊んでみよう。 結局、逆になりました。Chrome OS にそれほどメモリは必要でないし、 一方、Ubuntu の方はメモリがあるにこしたことはない。 以下、Ubuntu の方の話題… Ubuntu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーバPCの速度

 2020-12-12 新サーバPC(切替) | [1] 若干、応答が速くなったかもしれません。 hosi.org の「設定ボタン」を「デバッグ」にして画面表示に 要する時間が見えるようしてみると、新サーバPCの応答は 旧サーバPCよりも2倍くらいは速くなったような体感です。 ( sparql はもっと比が大きそう) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年の七曜表を指の上に

 2020-12-08 手の指(つづき) |# ただし、親指で他の指の骨の数を数えると12まで数えられるので、 |# 12進法は実際の人間の手でも可能です。 …ということで、ブラウザの言語を英語にして、  http://hosi.org:3000/*/2021%5E%5ECivil のスナップショットをとって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ruby 3.0 Advent Calendar 2020

いよいよ Ruby も3.0 の Preview 版が出て、標題の Advent Calendar ができていました。 https://qiita.com/advent-calendar/2020/ruby3 やはり 3.0 の目玉は型チェック機能ですが、7日目の 記事を参照している >Ruby 3の静的解析…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新サーバPC(つづき)

昨日の記事の最後 | あとは、セキュリティ・ツールのファイアウォールを設定 | すれば準備完了予定です。 そうそう、これに加えて、  2020-11-21 来年の祝日の移動 に伴う when_exe Gem と fuseki-server の改訂がありました。 これは、また別途作業したいと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ΔT更新 2020年年初分

GitHub のソースコードを更新しました。 今回はズバリ1月1日の値が『天文年鑑』に書いてあったので、 線形補間は不要で線形補間に用いている内輪のテーブルの更新 は任意だったのですが、来年以降のことを考えテーブルも更新 しておきました。 2020年分になったので、今回は timestandard.rb のソースが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GeologicalAge の更新(つづき)

>地質系統・年代の日本語記述ガイドライン >2020年3月改訂版 http://www.geosociety.jp/name/content0062.html 先の14日に更新されたようなので、連動して、  GeologicalAge を更新しました。 https://github.com/suc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝日のない10月

本日は10月の第2月曜日 例年であれば体育の日でしたが、オリンピックが予定されて いたため8月に移動してしまい、今年は祝日のない10月と なりました。 ハッピーマンデーで曜日は月曜に固定ですから、土曜と重なって “実質”祝日のない月となることも最近はありませんでした。 そこで、hosi.org の 検索機能で、体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

継承の表現方法

 2020-08-09 流行言語の変遷 | 現在のはやりは Julia 言語のようです。ただ、これには|| 2018-09-25 委譲デザインパターン|| で書いたようなミスマッチがある。  2018-09-25 委譲デザインパターン | クラスというのは abstract, mutable, immutable に分類され、| …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流行言語の変遷

 2020-08-02 7月アクセス にコメントをいただきました。 これに関して標題のような感慨があります。 when.exe の MS-DOS版を改版する際 Ruby を選んだのは、 http://www2u.biglobe.ne.jp/~suchowan/u/wiki.cgi?Calendar%2FWhen%…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Ruby バージョン整理(TZInfo - 余談)

 2013-10-10 夏時刻法 | Wikipedia で「夏時刻法」を確認すると、 | >第二土曜日の翌日の午前零時までの間は、すべて中央標準時より一時間 | >進めた時刻(中略)九月の第二土曜日は二十五時間をもつて一日とする。 | とあるからです。 | | 23時台の1時間後を閏23時台にするのであれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ruby バージョン整理(google-api-client)

 2020-07-06 Ruby バージョン整理 | google-api-client 0.8.6 これも現在はバージョンが 0.42.0 に上がっています。 # 最近も頻繁にバージョンが上がっているので # この gem は生きています。 Google Cloud 側の仕様自体もかなり変わっているようで、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ruby バージョン整理(linkeddata)

 2020-07-06 Ruby バージョン整理 | 懸案の linkeddata gem はバージョンが 3.1.2 になっており これは test.rb、make_ttl.rb ともにエラーなく動くようです。 make_ttl.rb の出力は v.3.1.2 では順序が変わって、余分な空白 が少なくなるようですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ruby バージョン整理(TZInfo - 最後)

昨日保留した、  2020-07-08 Ruby バージョン整理(TZInfo) | それが不都合だったので、動的にパッチを入れていた を調べてみましたが、どうやらこのパッチは現時点では不要になっている ようです。内部動作を追って見ましたが、DateTime オブジェクトの暦法が グレゴリオ暦・ユリウス暦の何れであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ruby バージョン整理(TZInfo - つづき)

 2020-07-08 Ruby バージョン整理(TZInfo) | 動作がまだ微妙に異なり Fail が発生します。 原因は2つありました。 ひとつは、Timezone クラスで、指定された日時に使用されている TimezonePeriod クラスのオブジェクトを取得するためのメソッド として、period_fo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ruby バージョン整理(When::Coordinates::Pair)

昨日の件とは別に、先に標題の件↓を調べてみました。 When::Coordinates::Pair クラスは、閏月や、境界が1月1日でない年、 境界が午前0時でない日を表現するために、数値に補足情報を付け加えて 管理するためのクラスです。 Ruby 2.2.2 では、このクラスのオブジェクトが配列のインデクスとして 用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more