テーマ:美術

貝紫

恒例の『日経サイエンス』最新号からのピックアップは、 >生物が育んだ幻の紫 染料の貝紫の話です。 この染料、化学的に合成するコストが高いため、 現在でも貝から採取する方式が健在の由。 30年くらい前まで、志摩の海女さんがセーマンや ドーマンを描く際に、この貝紫を用いていたと いうのが興味深い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜美術館 安野光雅回アンコール

>特別アンコール放送「画家・安野光雅 雲中一雁の旅」 - 日曜美術館 - NHK https://www.nhk.jp/p/nichibi/ts/3PGYQN55NP/episode/te/PW32JP7N7K/ 最初の放送時も見ていたのですが、さすがに9年経つと 記憶に残っていなかったシーンも多数ありました。 # 次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュージアムの被災(つづき)

 2020-02-12 ミュージアムの被災 | 被災の原因のひとつは、水害のハザードマップに載る立地で、 | 収蔵庫が地下にあったことですが、要件定義は難しいものです。 続報が目につきました ↓ 2021-01-22 >「鉄腕アトム」など4万点超を廃棄 台風19号で浸水 https://mainichi.jp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洛中洛外図屏風

『新美の巨人たち』は、昨年リニューアルされてから パワーダウンしていたのですが、一昨日の、 >天才絵師・狩野永徳の傑作!『洛中洛外図屏風』×渡辺いっけい https://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/index.html?trgt=20201107 は、絵画警察を演ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東山魁夷とピアノ協奏曲第23番

 2018-11-04 東山魁夷展 | 東山魁夷さんというと「日曜喫茶室」でモーツァルトの | ピアノ協奏曲第23番第2楽章アダージョをリクエストされた | ことが印象に残っています。 一昨日の『新美の巨人たち』 >東山芸術の全てがここに!東山魁夷『緑響く』×シシド・カフカ https://www.tv-t…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相国寺「若冲」展

これは覚えています。 # 関連記事など参照 釈迦三尊像と動植綵絵あわせて33幅がそのままの配置で見える という稀な機会と、確か日経新聞の春秋欄で紹介[1]されていて、 京都まで観に行く気になったのでした。 当時つけた記録によると2007年6月2日に金閣・銀閣・清水寺を 回って一泊し、翌日[2]の朝に「若冲」展を観た後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色の見え方

 2020-06-05 デジタル化された芸術作品 にいただいたコメントで、数年前に話題になった >「白と金」「青と黒」あのドレスで意見が分かれる理由はこうだった https://www.huffingtonpost.jp/2015/02/28/shirokin-aokuro-thats-why_n_6777126.h…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

デジタル化された芸術作品

>デジタル化された芸術作品と本物、脳の反応は違うのか https://japan.cnet.com/article/35154522/ おうちで美術鑑賞する機会が増えてきて気になっている話題です。 個人的な経験で言うと、ゴッホの絵のように絵の具が厚塗りの ものは、二次元で映像化されたものを見ても、本当の鑑賞には …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」

以前、暦文協の総会の際の講演でも紹介されたことがあった  「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」 今週末の『日曜美術館』でとりあげられる由。 https://www.nhk.jp/p/nichibi/ts/3PGYQN55NP/episode/te/JZ9NX44N57/ 高精細の画像が見られそうでとても楽しみです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法隆寺展

>法隆寺金堂壁画と百済観音 https://horyujikondo2020.jp/ ↓関連番組がたくさん放送されたのですが中止↑になってしまいました。 2020-03-21 新美の巨人たち https://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/index.html?trgt=2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学生の絵

少し前に某会館の地下で地元の小中学生のアート展をやっていました。 その絵の中に、まったく何の賞も取っていないのですが、シンプルに ペンギンの親子を描いた絵があって とても気に入りました。 何かのタイミングでこのことを書こうと思っていたのですが、たまたま >アートではじける!子どもの力~第79回全国教育美術展から~ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「未来と芸術展」

>未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/future_art/index.html https://www.bs4.jp/burabi/articles/t0rs5osybaqpikpa.html 先日 行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュージアムの被災

 2019-10-15 箱根の美術館など | 図書館・博物館関係では、 … |>台風19号の被害により、当面の間、休館させていただきます。 川崎市市民ミュージアムの被災状況が報道されています。 >水没した川崎市市民ミュージアムの収蔵品救出状況が明らかに。 https://bijutsutecho.co…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブダペスト展

 2020-01-24 第71回全国カレンダー展など こちらを見にいったのと同じ日に、標題のブダペスト展も 観てきました。 https://www.nact.jp/exhibition_special/2019/budapest2019/ ここ二百年くらいの時代は、やはりフランスなどの影響が あるのでしょうか、あっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大浮世絵展

両国の江戸東京博物館の大浮世絵展は本日まで。 江戸東京博物館は多分  2013-06-24 「江戸絵画の奇跡」 以来ではないかと思います。 大浮世絵展はかなり混んでいたうえ照明が暗い[1]ので じっくり鑑賞できるという環境ではなかったです。 ただ、点数が多くて、所蔵館の異なる同じ作品が 比較出来たのは今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本には四季がある」

12月3日は時間がとれなかったので、  2019-11-29 「カレンダー展示会」 は12月4日に見てきました。ただ、展示数は例年3月~4月に 行われる展示会と比べて一桁少ない。あまり時間を要し なかったので、会場が至近の  三菱一号館美術館 印象派からその先へ―  https://mimt.jp/ygc/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雛人形の左右の並び

>ひな人形の「男雛と女雛が逆になる」までの詳しい歴史   … >明治後期には、掲げられる天皇の写真(御真影)の並びや即位礼 >に際しては「天皇は向かって左・皇后は右とすべし」と >(西洋風な並びが)正式に公布されたのです そういえば  2019-11-17 小松左京展 で、お目当ての試合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根の美術館など(つづき)

一昨日の話題のつづき >台風、観光地の鉄道も直撃 箱根「年内の全線復旧困難」 [台風19号]:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASMBH65WYMBHUTIL05X.html 深刻です。 | (4) フランス人がときめいた日本の美術館 に採り上げられた美術館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根の美術館など

 2019-09-23 美術系番組(つづき) これで、かなり箱根の美術館が紹介されていました。 そのうちにまわってみるのもよいかと思っていたら、 アクセスが、 >箱根登山電車 一部運転再開 箱根湯本~強羅間は長期間不通か https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191013/k100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“once in a blue moon”

 2019-09-16 美術系番組 | (2) 新美の巨人たち この番組のエンディングテーマ曲が標題の“once in a blue moon” これを Google 検索にかけると、冒頭に >1.16699016 × 10-8 ヘルツ と出てきます。 一体どういう量だろうと、この逆数を計算して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美術系番組(つづき)

 2019-09-16 美術系番組 | (4) フランス人がときめいた日本の美術館 … | 再放送がまだない #8 と #13 を残して、 せっかく紹介したのに今月末で終わってしまうそうです。 もともと一冊の本からできたシリーズなのでしょうがない。 #8 と #13 は残り2回で録画を残せるので、一応全話 観る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美術系番組

現在テレビで毎週放送されている主な美術系番組は (1) 日曜美術館   https://www4.nhk.or.jp/nichibi/ (2) 新美の巨人たち   https://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/ (3) ぶらぶら美術・博物館   https://www.bs4.jp/burabi/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「聖プラクセディス」

昨日の | 確認してきました の際に、ついでにまわった国立西洋美術館[1] 企画展「松方コレクション展」を見た後、常設展示に足を のばしたところ、標題の  「聖プラクセディス」 が、新規収蔵品として展示されていました。 全く知らなかったのですが、フェルメール作の可能性がある由。 ただ、仮にフェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観る順序

>我々西洋人にはこの絵を正しく理解できない。左横書きの文化の >人間は左の波を主体として絵を見てしまうが、右縦書きの日本人は >『波に耐える船乗り』を主体として見るからだ https://twitter.com/nappasan/status/1164593449087094784 そういえば『新美の巨人た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東博の庭

>百年名家 (1) https://www.bs-asahi.co.jp/100nen/lineup/prg_195/ (2) https://www.bs-asahi.co.jp/100nen/lineup/prg_211/ 東博に来たついでに本館の北にある庭に降りてみました。 向こうに見えているのが (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリムト関連展

>クリムト展 ウィーンと日本 1900 https://www.tobikan.jp/exhibition/2019_klimt.html >ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 https://artexhibition.jp/wienmodern2019/ 同じ日に見ると印象が薄まると思って、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝釈天騎象像

東京国立博物館の二展覧会 「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」 「美を紡ぐ 日本美術の名品」 を見てきました。 唯一写真撮影可だったのが標題の仏像 検索してみると左後ろ側から撮ったものは珍しそうなのでどうぞ↓ あまり宣伝されていませんでしたが、後者には、 ・雪舟「秋冬山水図」 ・久隅守景「夕顔棚納涼図屏風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「奇想の系譜展」(つづき)

標題の展覧会が「日曜美術館」で紹介されました。 再放送は3月17日夜の由。 https://www4.nhk.or.jp/nichibi/x/2019-03-10/31/16498/1902794/  2019-02-20 「奇想の系譜展」 | ただ、これだけ「奇想」がメジャーになると、本当に自分の目 | で評価してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「奇想の系譜展」

「奇想の系譜展」を見てきました。 よくこれだけ集めたという展示内容で、今回に向けての調査で 新発見の作品もある由。  2013-01-08 展覧会の話 の「はじまりは国芳」展では、会期が前後期に分かれたため 見逃した「相馬の古内裏」を「宮本武蔵の鯨退治」と並べて みることができました。 ただ、これだけ「奇想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムンク展

東山魁夷展と同じ日には東京都美術館のムンク展も観てきました。 東山魁夷展もムンク展もかなり混んでいましたが、特にムンク展 では、例の『叫び』は“立ち止まらないでください”状態で、 近くから詳しく鑑賞できる混み方ではなかったです。 両展同じくらいの時間をかけるつもりでいたのですが、結果 ムンク展の方がかけた時間が短くなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more