「ハッブル定数 食い違う観測値」

恒例の『日経サイエンス』最新号からのピックアップは、

>ハッブル定数 食い違う観測値

>比較的最近の宇宙に存在する超新星や星の測定をもとに
>求めたハッブル定数と,>ビッグバン直後に発せられた
>光を用いて求めたハッブル定数の値が食い違っている

この系統の話題については、

 2013-04-14 138億年
 2017-09-29 一般相対論完成への最後の一か月

などが過去の関連記事となります。

特に後者…

上記の乖離は宇宙の年齢の見積もりに影響するのか否か?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント