地球の自転傾向の変化

>地球の自転が急加速中! 史上初、時間を1秒引く「負のうるう秒」が検討されている
https://nazology.net/archives/79057

そう言えば、

 2020-12-01 ΔT更新 2020年年初分

で使った『天文年鑑』2021年版p.348の表にΔUT1[1] が2020年前半分
まで載っていますが、確かに最後のあたりの挙動がいつもと違う[2]

極地方の氷河が融けた影響なら慣性モーメントが大きくなって回転は
遅くなりそうにも思われますが、そうでもないのかな?

負のうるう秒はいままで一度もなかったので、もし実施されれば、
問題を起こすコンピューターシステムもあるかもしれませんね。

[1] 2013-11-24 ΔT 参照
[2] 米国海軍天文台はサーバが変わったのかつながりません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント