天保暦の二十四節気の丸め

天保暦の二十四節気の時刻は、不定時法で

 今暁九時七分

などのように表現されています。10分で1時です。

宝暦暦や寛政暦では、

http://www.asahi-net.or.jp/~dd6t-sg/pcs/time2.pdf

の3ページ目の右端のように丸めており、初刻だけ
発生頻度が低くなります。

同じような傾向が天保暦でもあるかと、天保暦の
二十四節気の時刻の分の桁の値を集計してみました。

結果は、0分~9分に対して、左から順に、

 [70, 72, 77, 62, 71, 65, 61, 84, 63, 71]

どうも、天保暦の二十四節気の時刻は分の単位未満を
切り捨てているか、あるいは四捨五入するにしても、
時(とき)の境界をまたがって丸めているようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック